生徒と面談:結果が出ない時期をどう考えるか?

皆さん、ごきげんよう。

家族で安浦のプール行って入口で水着忘れたことに気づいて黒瀬まで引き返した、なるちゃんです。

#1時間半のロス
#ミスは日常茶飯事

さて、今日は生徒の悩みを面談しました。
その時の話が皆さんにも役に立つかもしれないので、シェアさせてください。

相談内容は、「理科社会の勉強がキツイから、2科目で中学受験したい」でした。

これに、僕は猛反対しました。

理由は3つ

❶絞れば有利どころか逆にレッドオーシャンの競争に巻き込まれて不利

❷才能タイプは努力する経験を積んだ方が後の人生のためになる

❸そもそも、やる気を失ったのは結果が出ないから手ごたえがないだけ。結果が出るまでのプロセスが分かってない

この一つ一つが記事にできるくらいボリュームがある内容です。

#読みたかったらコメントでリクエストしてね

 

で、今日は❸について語りたいと思います。

当たり前ですが、ちょっとやそっと努力したからってテストの点などの「目先の結果」が出ないことが多々あります。

そこで、「やっても効果ない!もう嫌だ!」ってなるんです。
だけど、まだ結果に繋がってないだけで、「過程(プロセス)」としてはもちろんやっただけ向上しているんです。

でも、ここが難しい。

教える側は一度その山を登った経験があるから、やり続ける必要が分かるけど、本人には初めてのことですしね。

だから、僕はこう喩えて伝えました。


たとえば、あなたが体重100kgのデブで65kgの標準体型を目指して、ダイエットをするとしましょう。

100kgが90kgに痩せても客観的にはデブのまんまです。

ただ、ダイエットだったら「10kgも痩せた!」って数値で分かります。

だけど、勉強の場合はある程度力が着かないと反映されないこともあって、そういう時は「まだデブのままか~」状態です。

だけど、結果に反映されてないだけど、中身は着実に100kg→90kgに成長してます。

逆に言えば、90kgにならなければ、80kg、70kgにはならない訳です。

大丈夫、今やってることは苦しいけどやり続けたら、
例えば70kgになったくらいには「痩せたじゃん!普通の体形じゃん!」と目に見える結果が付いてきますよ。

と、言う話をしたら納得して、
「じゃあ、頑張る!」
と明るい顔になってくれました。


僕はいつも「目先の結果を追うな!過程(プロセス)を見ろ!」と言っています。

もちろん結果も大事ですが、結果でしか判断しないとこういう落とし穴があるので、気をつけてほしいです。

あ、そうそう

彼の悩みの理科社会については

理科社会はどこまでやるべきか?~1回覚えたくらいで結果が出ると思うなよ~
という問題があるんですが、それはまた今度書こうと思います。

では、今日は己斐駅前の芝生で #コイメシ というイベントで家族で飲んだくれて来まーす。

お時間ある人は遊びに来てください。
酔っぱらった僕はいくらでも喋りますんで(笑)

#完成されたアル中
#夏はビールが美味しすぎる

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA